このホームページは移転しました。
3秒で新ページへ移動します。
こちらへどうぞ。
http://bousai.elsatower32.org/


エルザ32気象観測データ配信中




2010年05月05日

降雨観測機器設置決定

davis.JPG

先般の自治会総会にて予算可決されました、水害対策機器についてご紹介します。ご覧の機器は、降水量・気温・風速・風向などを観測できる気象観測機器です。これをエルザ32内に設置することになりました。

これまで、エルザ32では水害に対する災害対策はあまり検討されてきておりませんでしたが、ここ数年の「ゲリラ豪雨」など不安要素が増えてきており、まずは現況を把握し早めの対策行動を起こせるようにとこの観測機器を活用します。

一番身近な課題としては、機械式駐車場の地下部です。このスペースは万一浸水しても電動ポンプで排水できるようにはなっていますが、もちろん排水能力には限界もありますし、停電などの状況下についても備えが必要です。

これまでも、台風襲来時等には緊急で機械式駐車場契約者の方には、必要に応じ駐車場から出庫するように掲示をしてきました。幸いなことにこれまでは浸水事故は一度もありませんでしたが、このところの「ゲリラ豪雨」では、この地区でも想像を絶する瞬間降雨を記録しています。

ゲリラ豪雨は、私もこちらのリアルタイム降雨観測サイトで確認したことがありますが、ほんの2Km範囲ほどの狭い地域で瞬間的な豪雨が発生しています。このため、観測地点がエルザ32から離れている気象庁・民間気象団体の観測情報は、ゲリラ豪雨に対してはあまり参考にならない状況です。

これまでも、水害情報入手には上述のリアルタイム降雨観測サイト「東京アメッシュ」などを活用してきましたが、より実態を把握するために、今回の機器導入となりました。

M6312RUN.jpg

なお、このシステムは表示装置を1階防災センターに配し設備員さんへ対応参考情報として供しますが、必要に応じ館内放送で車両の移動を喚起できるようになりますし、パソコンに接続してデータを表示することもできるため、こちらの防災部ホームページで駐車場契約者の皆様に参考情報として提供できるように設定する予定です。



【関連する記事】
posted by エルザ32 防災部長 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 資機材:水害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。