このホームページは移転しました。
3秒で新ページへ移動します。
こちらへどうぞ。
http://bousai.elsatower32.org/


エルザ32気象観測データ配信中




2010年05月02日

東京消防庁 海難救助デモ

94341630.jpg  写真:大型船舶用 12,000馬力ディーゼルエンジン

本日はゴールデンウィークとあって、家族と東京はお台場にある 『船の科学館』 に往訪しました。一般社会にあって船舶はとても縁遠く、プロっぽい要素が山盛りな予感を背にやってきました。ご覧のようにあらゆる展示物が巨大でダイナミックなものばかり。この写真も天井まで見上げんばかりの巨大エンジンで、出力もまさに桁違い。

さて、こんな展示物を娘たちとブラブラ見ていると、13時から屋外エリアで東京消防庁協力による海難救助デモが行われるとの情報が。まぁ、救命胴衣の着用方法やAED・心肺蘇生などの簡単なものだろうとたかをくくって現場に向かうと...

94364345.jpg

船の科学館別館である、元南極観測船 『宗谷』 と 元青函連絡船 『羊蹄丸』 が停泊している間の海上に、派手なサイレンを高鳴らし消防艇 『はるみ』 が登場であります。

94367076.jpg

まずは消防艇による水難救助デモ。海上に落ちて救助を求める2名の要救助者を消防艇と水上スクータを活用した救助デモ。

94365476.jpg

そうこうしているうちに、元青函連絡船 『羊蹄丸』 船上から擬似出火。ご覧のようにもうもうと立ち上る煙に、船上からとはしご車からの放水が展開されます。しかも東京消防庁ハイパーレスキュー隊による船上要救助者救出デモへ。

94368450.jpg

そこへ拍車をかけるかのように、東京消防庁の消防ヘリまで臨場。海上の要救助者へめがけて救命浮き輪を投入するなど、迫力満点な場面展開。

94371372.jpg

締めくくりは、消防艇 『はるみ』 も参戦しての一斉放水であります。デモ中、各場面に対する指令は消防無線で実際に指令されていると同様の通話コードと抑揚を利用した臨場感あふれる拡声デモもあり、なかなかの迫力でありました。

あまり期待せずふらっと立ち寄っただけに、あまりの本格的な迫力に降参、という次第でありました。なかなかプロの迫力満点のデモンストレーションでありました。



【関連する記事】
posted by エルザ32 防災部長 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政連携活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。