このホームページは移転しました。
3秒で新ページへ移動します。
こちらへどうぞ。
http://bousai.elsatower32.org/


エルザ32気象観測データ配信中




2010年07月04日

発動発電機 追加調達

124280357.jpg
  写真:新規追加調達した発動発電機

今年度の可決済み予算より、ご覧の発動発電機を追加調達しました。こちらの既存発電機と合計して、3基の発動発電機が配備されたことになります。製造元はデンヨーという一般の方は聞きなれないメーカーですが、工事現場などで使うコンプレッサーや溶接機メーカーで有名です。工事現場の、日々のプロの現場で磨かれたプロダクトであります。

機種選定にあたっては、燃料確保が一番重要となることから内蔵燃料タンク容量が大きいこと、発電容量が大きいことの順に市場製品を比較検討したところ、このデンヨー製GA-3705U が優位で費用も割安でした。燃料タンクは19Lであり、このクラスの一般的な可搬型発電機の10Lに対し倍の容量を誇ります。燃料満タンにて75%負荷時で約10時間運転可能。

124281041.jpg


重量は燃料満タン時に84kgありますが、理事長がフレームにキャスターを付けて下さいましたので、女性の方でもひとりでラクラク移動できるようにしてあります。キャスターには正面左側にロック機構が付いていますので、移動時には解除してください。

利用想定としては、1階メインラウンジが対策本部、2階サブエントランス・ホールが救護センター等、2階庭園が炊き出し等火気利用と3ヶ所が主要な災害時活動拠点となりますので、3台の発電機はこれら拠点に電源を供することになります。

124530449-f596769fa6846b3821e1b9c2dced1a92.4c2f8fb8-full.jpg
  写真:燃料保管用 ガソリン携行缶

燃料については、ご覧のような消防法準拠の携行缶に分けて配備。これらで、3台の発電機がおよそ各々独立して30時間連続運転できることになります。安全および消防法の規定により、保管場所を分散して配置しております。

こちらの新規調達発電機についても、近日中に使い方の手順書を作成して現品に貼付します。




posted by エルザ32 防災部長 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 資機材:発動発電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。