このホームページは移転しました。
3秒で新ページへ移動します。
こちらへどうぞ。
http://bousai.elsatower32.org/


エルザ32気象観測データ配信中




2010年05月05日

アマチュア無線資格をお持ちの方へ

エルザ32内にも、アマチュア無線の資格をお持ちの方がいらっしゃると思います。かくいう防災部長の私も資格者ですが、あと何名かアマチュア無線有資格者の方にご協力いただきたく、ご連絡をお待ちしております。

エルザ32の管轄行政である川口市との会談によりますと、行政との通信手段として以下が提示されています。

1.有線電話 詳細はこちら
2.防災行政無線
3.アマチュア無線
4.直接会いに行って直談判(苦笑

1.はご承知の通り被災時にはあてになりません。2.については、従来行政側からの一方的な情報配信(夕方に鐘が鳴ったり、行方不明のお年寄り情報を流している、街中の拡声器のアレです)をしていましたが、最近デジタル方式に設備更新されるにあたり避難所から行政への通信も可能になり、念願の双方向通信ができるようになるようです。

しかし、エルザ32をはじめとして耐震性の高い高層住宅の場合、小学校等の避難所へ避難する必要がおそらく無く(自宅建物が安全に残る)、小学校などの避難所へ押しかけたとしても我々大人数が収容できるスペースもありません。

このため、市からも 『いかにマンション内で被災生活を送るか』 について重点を置くようアドバイスを受けています。そこで問題になるのが市との通信手段です。給水車・災害支援物資は基本的に小学校などの避難所へ送致されますが、エルザ32のような大所帯の場合、市からマンションへ直接物資を送致してもらったほうが、混乱も少なく行政・被災者双方にメリットがあるはずです。

そこで、我々マンション世帯での残された行政との通信手段が、3.か4.です。4.については、防災部でマウンテンバイク・ヘルメット等の配備を検討する必要がありますが、3.については有資格者が必要です。

電波法に明るい方にとっては、「目的外通信」となりえなくもないこの使途については議論のあるところのようですが、実際に過去の震災実例で実績があったり、川口市についても必ず行政主催の防災訓練では地元のアマチュア無線クラブと連携した通話情報交換演習が行われており、市の災害対策室からも連絡手段として利用できると明言されております(2010年3月28日 エルザ55にて川口市災害対策室 朝倉主幹発言)。

そこで、エルザ32にお住まいの方でアマチュア無線有資格者の方、是非申し出ていただき、有事の際の行動計画について一緒に議論させていただければと思っています。

無線設備の免許許認可の関係がありますので、理想的にはエルザ32にて3名以上の有資格者が集まれば、エルザ32自主防災組織として社団局の免許申請をしておきたいところですが、まずは個人開設局による対応だけでも進められればと考えております。

今年8月21日(土)、22日(日)に開催される 『川口市総合防災訓練』 でもアマチュア無線による通話情報交換演習が行われますので、高層集合住宅での演習内容としてエルザ32居住者からのアマチュア無線通信によって、行政への通信演習ができればと考えております。

ご賛同いただける方は、このホームページ右下にある 『プロフィール』 のメール連絡先からご連絡ください。





posted by エルザ32 防災部長 at 17:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 資機材:無線機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

降雨観測機器設置決定

davis.JPG

先般の自治会総会にて予算可決されました、水害対策機器についてご紹介します。ご覧の機器は、降水量・気温・風速・風向などを観測できる気象観測機器です。これをエルザ32内に設置することになりました。

これまで、エルザ32では水害に対する災害対策はあまり検討されてきておりませんでしたが、ここ数年の「ゲリラ豪雨」など不安要素が増えてきており、まずは現況を把握し早めの対策行動を起こせるようにとこの観測機器を活用します。

一番身近な課題としては、機械式駐車場の地下部です。このスペースは万一浸水しても電動ポンプで排水できるようにはなっていますが、もちろん排水能力には限界もありますし、停電などの状況下についても備えが必要です。

これまでも、台風襲来時等には緊急で機械式駐車場契約者の方には、必要に応じ駐車場から出庫するように掲示をしてきました。幸いなことにこれまでは浸水事故は一度もありませんでしたが、このところの「ゲリラ豪雨」では、この地区でも想像を絶する瞬間降雨を記録しています。

ゲリラ豪雨は、私もこちらのリアルタイム降雨観測サイトで確認したことがありますが、ほんの2Km範囲ほどの狭い地域で瞬間的な豪雨が発生しています。このため、観測地点がエルザ32から離れている気象庁・民間気象団体の観測情報は、ゲリラ豪雨に対してはあまり参考にならない状況です。

これまでも、水害情報入手には上述のリアルタイム降雨観測サイト「東京アメッシュ」などを活用してきましたが、より実態を把握するために、今回の機器導入となりました。

M6312RUN.jpg

なお、このシステムは表示装置を1階防災センターに配し設備員さんへ対応参考情報として供しますが、必要に応じ館内放送で車両の移動を喚起できるようになりますし、パソコンに接続してデータを表示することもできるため、こちらの防災部ホームページで駐車場契約者の皆様に参考情報として提供できるように設定する予定です。

posted by エルザ32 防災部長 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 資機材:水害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

東京消防庁 海難救助デモ

94341630.jpg  写真:大型船舶用 12,000馬力ディーゼルエンジン

本日はゴールデンウィークとあって、家族と東京はお台場にある 『船の科学館』 に往訪しました。一般社会にあって船舶はとても縁遠く、プロっぽい要素が山盛りな予感を背にやってきました。ご覧のようにあらゆる展示物が巨大でダイナミックなものばかり。この写真も天井まで見上げんばかりの巨大エンジンで、出力もまさに桁違い。

さて、こんな展示物を娘たちとブラブラ見ていると、13時から屋外エリアで東京消防庁協力による海難救助デモが行われるとの情報が。まぁ、救命胴衣の着用方法やAED・心肺蘇生などの簡単なものだろうとたかをくくって現場に向かうと...

94364345.jpg

船の科学館別館である、元南極観測船 『宗谷』 と 元青函連絡船 『羊蹄丸』 が停泊している間の海上に、派手なサイレンを高鳴らし消防艇 『はるみ』 が登場であります。

94367076.jpg

まずは消防艇による水難救助デモ。海上に落ちて救助を求める2名の要救助者を消防艇と水上スクータを活用した救助デモ。

94365476.jpg

そうこうしているうちに、元青函連絡船 『羊蹄丸』 船上から擬似出火。ご覧のようにもうもうと立ち上る煙に、船上からとはしご車からの放水が展開されます。しかも東京消防庁ハイパーレスキュー隊による船上要救助者救出デモへ。

94368450.jpg

そこへ拍車をかけるかのように、東京消防庁の消防ヘリまで臨場。海上の要救助者へめがけて救命浮き輪を投入するなど、迫力満点な場面展開。

94371372.jpg

締めくくりは、消防艇 『はるみ』 も参戦しての一斉放水であります。デモ中、各場面に対する指令は消防無線で実際に指令されていると同様の通話コードと抑揚を利用した臨場感あふれる拡声デモもあり、なかなかの迫力でありました。

あまり期待せずふらっと立ち寄っただけに、あまりの本格的な迫力に降参、という次第でありました。なかなかプロの迫力満点のデモンストレーションでありました。

posted by エルザ32 防災部長 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政連携活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。