このホームページは移転しました。
3秒で新ページへ移動します。
こちらへどうぞ。
http://bousai.elsatower32.org/


エルザ32気象観測データ配信中




2010年04月15日

防災フェスタ2009レポート

DSCN4691.jpg写真:模擬火災発生〜避難訓練の様子

エルザ32防災フェスタ2009ポスターデータ
email_防災フェスタ2009.pdf

2009年10月25日、エルザ32年間で最大のイベント 『エルザ32防災フェスタ』 が開催されました。年一回の法定防火訓練をもっと沢山の住民に参加して頂いて、災害時の互助精神を高めるために親睦を深める場をと 『防災フェスタ』 と称してイベントを開催しています。午前を消防署ご指導の各種訓練、午後を秋祭り風に模擬店を出して住民相互の親睦を深めてもらう催事としてからはや3年目になりました。今回は過去最大の出し物があったおかげで、3年前の1回目は約250名だった参加者ですが、引き続き同規模の約240名にご参加いただきました。

DSCN4705.jpg写真:地震体験車(起震車)による地震体験演習

昨年から登場した起震車 『川口なまず号』 は、2年目にもかかわらず大人気で長蛇の列ができていました。このところ好天が続いたにもかかわらず、当日は小雨の混じる肌寒い一日になってしまったものの多数の方が我慢強く列に並んでくださいました。災害に天候は関係ありませんから、こうやって並ぶことの大変さを体感することも良い経験です。

『川口なまず号』 は残念ながらテーブルや椅子を配置できる大きさではないので、座ったまま震度6〜7の揺れを体験するというものですので若干実戦とは体感条件が異なりますが、 『こんなに揺れるんだ』 という印象を強く残していたので一定の成果はあったようです。ここ川口周辺では、 『東京湾北部地震』 が想定大地震であり 『川口災害ハザードマップ』 によると、市内でも地盤によりますが震度6強が襲うとされていますから、日頃からの災害対策・心構えが必要です。

DSCN4699.jpg写真:大型はしご車 搭乗体験の様子

今年の目玉は、大型はしご車の来場です。実際にマンションベランダから避難訓練も可能なのですが、このご時世色々苦情が寄せられることもあるようで(非参加者住居から覗かれた、とかの苦情があるようです)、管轄消防署のご提案でマンションを背にはしごの伸縮のみで 『はしご車ゴンドラの高さ』 を体験しました。このようにちびっ子もちゃんと命綱とヘルメットを着用します。

DSCN4711.jpg写真:はしご車のゴンドラに載ってGo!

こんな感じに伸展します。地元管轄消防署にははしご車の配備がないので、別管轄分署から応援で来場いただきました。なんとこのはしご車は 『先端屈折式』 という最新型で、ビルの屋上等でゴンドラ乗降に恐怖感を感じないように、はしご先端部が屈折してくれます。消防マニア的にはたまらない逸品です(苦笑。はい、もちろん私は防災部長として冷静を保っていましたが、心は大興奮でありました(笑。

はしごは伸展すると剛性が弱くなるので、結構左右に揺れます。しかも周りに何もないのでオトナは結構恐怖感バリバリのようでした。私も消防署長に 『防災部長が体験しないとダメだ!』 と一番最後に搭乗させていただきましたが、高所は平気な私でも結構厳しかったです。この写真でニコニコ平気な顔して笑っているのが我が長女(小3)です。子供達は全く平気らしく、皆ニコニコしていました。恐れ入ります。

午後は炊出し演習や、やきとり・おでん・フランクフルトウィンナー・生ビール等、模擬店で交流会です。ことしは肌寒すぎて屋外でゆっくり親睦を深めることができませんでしたが、模擬店スタッフも3回目とあって慣れたものでスムーズに進行しました。

DSCN4717.JPG写真:おたのしみ防災大ビンゴ大会

最後のお楽しみはビンゴ大会。特等をディズニーリゾートチケットとすると、こんなに老若男女あつまるんですね。ネズミ業恐るべし、です。結局ディズニーチケットは管理会社に提供して頂いているので予算は低く抑え、残りの商品は 『自分で買うのはあれだけれど、貰うならいいかも』 的な各種防災グッズを毎年取り揃えています。ネズミチケットに誘惑された各位に、ムリヤリ賞品説明で防災グッズの利便性も語りますので、自然と防災知識も高まります。

エルザ32防災フェスタ2009実施レポート(対外用)
02_low_エルザ32防災フェスタ2009実施レポート.pdf



posted by エルザ32 防災部長 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 催事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

AED講習動画

2010年1月に新宿で開催された「しんじゅく耐震フォーラム2010」で撮影した、東京消防庁職員さんによるAED講習の模様です。復習用・初めてご覧になる方用に動画を掲載します。

IMAGE_917.jpg写真:エルザ32のAED配置場所 1階管理事務室

IMAGE_915.jpg写真:エルザ32に配備しているAEDの実物

ご承知とは思いますが、エルザタワー32ではAEDを1階管理事務室内に1台配置しています。自分で1階までAEDを取りに来なくても、お部屋のインターフォンから非常ボタンを押して受話器で通話し、1階防災センター設備員・警備員さんにAEDを持ってきてもらう手段を活用してください。

95097537.jpg

目の前で意識のない方がいたら、まず心肺蘇生(胸骨圧迫・人口呼吸)をすぐに開始してください。1階防災センターへインターフォンでAEDを依頼したついでに、119番通報を依頼しても構いません。大事なのは、一人で解決せず周りの人達に手伝ってもらう事です。



posted by エルザ32 防災部長 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心肺蘇生・AED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

水の備蓄について

エルザ32での水の備蓄について、現状では特段飲料水の備蓄は行っていませんので、各家庭で備蓄をしておきましょう。

まず一番大事な話として、エルザ32の上水道給水は 『電動モーターで給水している』 ので、被災して停電したら お部屋の蛇口からは即お水が出なくなります。

とはいっても特別な買い物をする必要はありません。長期間備蓄できる水は割高ですから非経済的です。向かいのスーパーなどで特売日に、ペットボトル入り飲料水を普段から多めに買って各家庭に備蓄しておけばよいだけのことです。当然賞味期限がありますから、賞味期限がきたら普段の料理・飲料などに利用し、また新しいものを特売日に補充するだけです。ペットボトル2リットル/6本入りを1ケースか2ケース余分に家庭内で買っておけば済みます。


ペットボトル入りの保存飲料水を家庭で備蓄する場合、一人・一日あたりの必要最低限を2リットル(飲料水のみ)とし、一家4人家族だとすると、2リットル×4=8リットル必要です。

さらに、パニックが収まり給水車がやってくるまで3日分を備蓄したとすると8リットル×3日=24リットル最低でもこれぐらいは確保しておけば安心です。つまり6本入りを2ケースですね。

但し、これは飲料水に限った必要量ですから、洗顔や歯磨き等生活用水はお風呂の水を常に貯めておくなどで対処しましょう。但しこの方法は小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、水の事故に充分気をつけてください。エルザ32の場合、コインでお風呂の扉が脱衣所から施錠できますから、これを活用すると良いでしょう。

IMAGE_908.jpg写真:風呂場への扉の施錠部分

一方、エルザ32の地下には受水槽といって、皆さんのご家庭へ上水道を配水するために一旦貯め置きしているタンクがあります。これには蛇口が付けてあって、被災時には受水槽から給水することも可能です。

IMAGE_918.jpg写真:地下の受水槽室扉

IMAGE_921.jpg写真:受水槽室内部の様子 アイボリーのタンク下部に蛇口がある

IMAGE_919.jpg写真:受水槽タンク下部の給水用蛇口
(受水槽室内入り口右脇に、清潔なホースを配備してあります)

エルザ32の受水槽は、お風呂などの生活用水をすべて含めると1日に必要な量の3分の1程度しかありませんが、被災時に地下まで階段で飲料水として汲みに行くのであれば、運ぶことができる量は知れていますから、受水槽の貯水だけで数日は持つかもしれません。

IMAGE_922.jpg写真:受水槽は2部屋に渡り設置されています

こうしたエルザ32内の受水槽からの給水や、市からの給水車による給水に備えて、給水用タンクやジャグなどを各家庭で用意しておきましょう。一番手軽なのは、キャンプ用でつかう給水ジャグです。秋口のシーズンオフになると、大型のものでも千円程度で安売りしています。


02_IMAGE_910.jpg写真:安価なキャンプ用給水ジャグの例(コールマン社製)蛇口付き


Coleman(コールマン) 1ガロンジャグ

Coleman(コールマン) 1ガロンジャグ

  • 出版社/メーカー: Coleman(コールマン)
  • メディア: その他

 
Coleman(コールマン) 2ガロンジャグ(レッド) 2Gal Jug 5592A703G

Coleman(コールマン) 2ガロンジャグ(レッド) 2Gal Jug 5592A703G

  • 出版社/メーカー: Coleman(コールマン)
  • メディア: スポーツ用品










posted by エルザ32 防災部長 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害備蓄:水源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。